2019年増税後の「ポイント還元制度」とは?おすすめなクレジットカードは?

増税後ポイント還元制度




こんにちは!エリーです。

このブログでは、2019年10月~消費税の増税後に実施予定の「ポイント還元制度」について紹介していきます。

 

エリー
増税後のポイント還元制度について、カード会社・お店側への情報も多く消費者側は結局どうなの!?となるので、消費者側の情報をまとめてみました。

 

ポイント還元制度とは、消費税増税後にクレジットカードやQRコードで決済した人へポイントをあげよう!というキャッシュレス・消費者還元事業です。

 

既にニュースやネットで見たことある方も多いと思います!

 

経産省はキャッシュレス推進のため着々と「ポイント還元制度」について進めています。

 

よってこのブログでは、

  • 消費税増税後のポイント還元制度とは?
  • ポイント還元される場所
  • 対象外のお買い物
  • ポイント還元制度に参加する会社
  • 還元率が高いおすすめのクレジットカード4選

 

以上の項目で紹介していきます。

 

今まで現金派だった人も9月までにクレジットカードを申込んでおきましょう!(また、周囲の人がまだ現金派という方はこれを機会におすすめしてあげましょう)

 


レックスカード公式サイト

キャッシュレス・消費者還元事業の期間・理由・手段

上述のように、ポイント還元制度とは消費税増税後にクレジットカードやQRコードで決済した人へポイントをあげよう!というキャッシュレス・消費者還元事業です。

 

エリー
でも結局、国のお金からポイント還元するなら増税する意味とは???となりますが(笑)、このポイント還元制度は期間限定なのです。

 

期間限定とは、、

  • 2019/10/1(火)~2020/6/30(火)

引用:経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」

 

消費税増税後~オリンピック開催前の6月までの「9ヶ月間」を予定しています。

 

つまり、消費税が増税した後、多くの人が消費を控えてしまわないようにこの制度を導入するということになります。

 

“キャッシュレス”の対象決済手段は、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコード
  • モバイル決済 など
引用:経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」

 

 

「電子的に繰り返し利用できる決済手段」が対象とされています。

 

エリー
現金で払うと特にポイント還元はされないので、増税前にクレジットカードや電子マネーを用意しておいた方がお得です!

 

ではポイントは何%還元されるのか?について、次の章で解説していきます。

 

消費税増税後のポイント還元制度では、何%還元される?

消費者側は、ポイント還元が対象の店舗でお買い物すると、キャッシュレス事業者(カード会社など)から何%ポイントが還元されるのか?について。

 

エリー
答えは5%・2%のどちらかです。

 

どちらか、というのは対象の店舗によります↓

  • 中小規模の小売・飲食店・
    旅館など
5%
  • フランチャイズ等のお店
2%

引用:経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」

 

いやいや!私たち消費者側はどこのお店が中小規模か、フランチャイズかなんてわからないし・・!って感じですよね(汗)

 

エリー
あくまで予想ですが、該当期間中は対象店舗がわかりやすいように「○%還元のお店」のようなポスターなどを貼ってそうな気がしますね。

 

仮に、中小規模の小売店で、ポイント還元率が「2%」のクレジットカードで払った場合「7%ポイント還元」されるかもしれないということです。

 

「7%ポイント還元」って聞くと大したことないようにも感じますが、実際に計算してみると以下の通り↓

買い物金額貰えるポイント
5,000円  350p
3万円2,100p
10万円7,000p

※7%の場合

 

エリー
ご覧のとおり結構お得になるので、下記の章で紹介している「還元率の高いクレジットカード」を用意しておくべきです。

 

また、キャッシュレス還元は「月1万5,000円まで」と上限を設けることが発表されました。

 

例えば、上述のように”7%還元”のお買い物だと、約21万円までの利用がポイント付与の対象ということになります。

 

ただし!クレジットカード業界「全体で」月1万5,000円と設定されてはいないようなので、複数枚のカードを使えば、キャッシュバック額を増えることが出来ると予想します(笑)

 

つまり、ポイント還元率が高いカードを「複数枚」用意しておくとお得になるということです↓

 


レックスカード公式サイト
次の章では、中小規模のサービス業・フランチャイズにも当てはまらない「ポイント還元制度が対象外」のものを紹介していきます。

消費税増税後のポイント還元制度が対象外のお買い物

次に、「ポイント還元制度が対象外」のものを紹介していきます↓

 

金融商品宝くじ等のギャンブル教育費
自動車金券等介護費
住居医療費収納代行等

引用:経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」

 

自動車・住居などは「特別な支援」が還元される見込みもあるとのこと。

 

全て見たい方は、経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」の7ページ目に補助の対象外となる事業者・取引の記載で確認できます。

ポイント還元制度に参加するクレジットカード会社

次に、消費税増税後のポイント還元制度に参加するクレジットカード会社を紹介します。

 

エリー
登録完了している業者・まだ仮登録の業者で、よく使われている業者をまとめました!

 

経済産業省が7/19時点で更新した登録が完了した決済会社は356社です。

 

一部抜粋↓

  • 三井住友カード
  • アメリカン・エキスプレス
  • りそなカード
  • ライフカード
  • 楽天カード
  • エポスカード
  • イオンカード
  • 三菱UFJニコス
  • ジャックス
  • オリコ
  • セディナ
  • NTTドコモ
  • ビューカード
  • YJ!カード
  • JCB
  • UCカード
  • PayPay
  • メルペイ
  • Origami pay など

 

仮登録の決済事業者を一部抜粋↓

  • クレディセゾン
  • LINEPay など

 

最新情報がわかり次第、随時更新していきます。

還元率が高いおすすめのクレジットカード

では最後に、年会費永年無料でポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード4選をご紹介します!

 

エリー
近年スマホでのQRコード決済が普及しつつありますが、まだ導入が不十分であり、クレジットカードの方がおすすめだと思います。

 

個人的におすすめなクレジットカード4選↓

 

上記4つのクレジットカードの還元率・おすすめな人をまとめてみました↓

 

還元率おすすめな人
レックス
カード
1.25%ポイントより
現金還元派
オリコ
カード
1%
(入会後6ヶ月2%)
入会後すぐに
お買い物予定
JCB CARD W1%
(~5.5%)
セブン/Amazon
/スタバ 愛用者
楽天カード1%それ以外

 

還元率の高いクレジットカード①レックスカード

まず、年会費無料でポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード1つ目は「レックスカード」です。

おすすめクレジットカード

 

レックスカードは楽天カードやイオンカードと比べるとあまり知られていないですが、ポイント還元率が1.25%とこのブログで紹介している中で1番お得なカード!

 

エリー
いつもお買い物する場所が決まっていない!とりあえず1番お得なカードが良い!という人におすすめです。

 

ポイント還元率1.25%
主な特典
  1. ポイント還元率が1.25%
  2. 海外旅行保険が自動付帯
  3. 貯めたポイントがキャッシュバックできる
メリットがある方
  • 少しでも多くポイント貯めたい
  • ポイントではなく現金が欲しい
  • 海外旅行へ行く予定あり

 

ポイント還元率が高いのはもちろんですが、ポイントがキャッシュバックできる点がおすすめです!

 

マスターカード

(Jデポというものに交換するとキャッシュバックできます)

 

携帯代や光熱費をまとめてレックスカードで支払うと、結構なポイントが還元されて節約になります。


レックスカード公式サイト

 

いつも同じお店で買い物するわけではなく、ネットを含め様々なお店でいつもお買い物している人におすすめのクレジットカードです。

 

 

 

レックスカードは高評価の声が多数でした!

 

還元率の高いクレジットカード②オリコカード

次に、年会費無料でポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード2つ目は「オリコカードザポイント」です。

おすすめクレジットカード

 

オリコカードザポイントは、ポイント高還元率のカードとして有名です。

 

ポイント還元率は常に1%以上で、入会後6ヶ月間は還元率が2%にアップ!

 

エリー
例えばiPhoneを買い替えるなど、カード申し込み後半年以内に大きなお買い物をする方に、よりメリットがあるカードです!

 

もしくは、普段クレジット使わないけど「このポイント還元制度の期間だけ使おうかな」と考えている方におすすめです◎

 

ポイント還元率1%
主な特典
  1. ポイント還元率が常に1%以上
  2. 入会後6ヶ月は還元率2%
  3. iDとQUICPayの2種類の電子マネー搭載
メリットがある方
  • 少しでも多くポイント貯めたい
  • カード申込後大きな買い物をする予定
  • コンビニで電子マネー使いたい

 

またオリコカードは、大きなお買い物だけでなく、コンビニなどの少額決済で使いたいという方にも、電子マネーが2種類(iDとQUICKPay)も搭載しているのでおすすめ◎

 

オリコカードザポイント

 

還元率の高いクレジットカード③JCB CARD W

年会費無料でポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード3つ目は「JCB CARD W」です。

Amazonクレジットカード

※ご入会は39才までです

 

JCB CARD Wは、2017年に出た比較的新しいカードなので意外と知らない人が多いですが、ポイントが高還元率でかなりおすすめ!

 

エリー
特にAmazon・セブン・スタバ利用者は絶対お得です。

 

JCB CARD Wのポイント還元率は1.0%です。

 

ここまでは普通のカードと変わりませんが、JCBが提携している店舗で利用した時の還元率が高くて驚きます↓

店舗還元率
Amazon2.0%
セブンイレブン・イトーヨーカドー2.0%
スターバックス5.5%

 

更に、期間限定で実施している入会キャンペーンが豪華!

 

※7/1追記※

7/1~12/31入会キャンペーン実施とのこと!

入会後3ヶ月間はなんとポイント10倍!amazonで使えば13倍らしい・・!(笑)

 

jcbwカードおすすめ

実施中のキャンペーンを確認⇒JCB CARD W

 

上記3店舗でよくお買い物する方は申し込まなともったいないです・・!

 

 

還元率の高いクレジットカード④楽天カード

年会費無料でポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード4つ目は「楽天カード」です。

ポイント還元クレジットカード

国際ブランドはVISA/MASTER/JCB/AMEXから選べます

 

CMでお馴染み楽天カードは、10年連続顧客満足度1位で安定のクレジットカード!

 

エリー
今まで現金派でクレジットカードは初めてという方におすすめなカードです。

 

ポイント還元率1%
主な特典
  1. 楽天市場でポイント2倍
  2. カード入会で最大5000ポイント貰える
  3. 海外旅行保険が付帯
メリットがある方
  • 楽天グループを利用
  • 海外旅行へ行く予定あり
  • 楽天ポイントが貯まるお店を利用

 

最近は楽天グループの利用だけでなく、楽天ポイントが貯まるお店がここに書ききれない程増えています。

 

マスターカード

年会費無料でおすすめのマスターカード

詳細⇒楽天カード

 

ガソリンスタンドやビックカメラ、百貨店など、コンビニより高額なお店でも使えるので、ポイントが貯まりやすいです。


公式サイト⇒楽天カード

 

もちろん楽天グループの「楽天市場」や「楽天トラベル」の支払いで使えばポイント2~3倍になります。

 

楽天セール期間中は更にお得なので、持っておいて損はしないクレジットカードです。

 

 

以上、2019年10月増税後「ポイント還元制度」とは?おすすめなクレジットカードは?でした。

 

 

今まで現金派だった人は、このブログを参考に9月までにクレジットカードを申し込んでおきましょう!

 

 

エリー